脱毛サロンのクチコミは嘘だらけ?その理由とネット上のクチコミを見るときの注意点



ネット上には、いわゆる「実際に脱毛サロンに行ってみたけど、こうだった」というようなクチコミ情報が掲載されているサイトがあります。

しかし、残念なことに、ネット上に掲載されている脱毛サロンのクチコミは、その多くが「嘘」や「捏造、偽装、偽造」です。

実際、”やらせ”のクチコミが社会問題にまで発展した飲食店クチコミランキングサイト「食べログ」については記憶に新しい人が多いと思います。

いわゆる「食べログ事件」では、飲食店に有利な”やらせ”のクチコミを投稿して飲食店からお金をもらっている業者が存在するということが明るみになり、世間を騒がせました。

実は、このようなことは、どの業界にもあることです。

エステサロンの業界も、それはひどいもので、内情をしっている人間が見ると、明らかに”やらせ”とわかるクチコミコメントがあふれかえっているのが実情です。

今回は、ネット上のクチコミを見るときの注意点をお伝えしますので、ぜひ参考にしていただき、変なクチコミ情報に惑わされないようにしてください。


明らかに良すぎるクチコミ、悪すぎるクチコミは無視する


ネット上の脱毛サロンのクチコミを見ていると、「スタッフの方がとても親切でした!」「安心して通い続けられます!」というような大絶賛のコメントをよく見かけます。

と思えば、「口の聞き方が最低でした」「無理やりしつこく勧誘されました」「もう二度と行きません!」というような強い口調での批判コメントもよく見かけます。

結論から言えば、強い口調での大絶賛コメント、批判コメントは、サロンの人間か業者が書いている”やらせ”のコメントの可能性が高いので、一切、無視しましょう。

人気がある脱毛サロンは、どうしても同業者からは嫌われますので、”やらせ”の批判口コミをいろんなところに書き込まれ攻撃されてしまいます。

また、それとは逆に、本当はたいしたことないのに、なんとかお客さんに来てほしいから、嘘の絶賛口コミを、日々、スタッフの方や業者を使って書き込んだりしているところもあります。

こういった「嘘」「大げさ」な口コミには惑わされないようにしましょう。


しょせん他人が言ってることなので「あーそうなんだ」と軽く受け流す感じで見るのが一番です


仲の良いお友達が大絶賛していたお店に行ったけど、私はそんなに良いとは思わなかったけど・・・

誰しも、そんな経験をしたことがあると思います。

いくら他人が良いと言ってても、自分に合うかどうかはわからない。

口コミなんて、しょせん、そんなものです。

特に脱毛サロンに関しては、何度もお店に通うことになりますので、そのお店のスタッフの方とあなたとの相性があうかあわないかが、サロン選びにはとても重要なポイントとなります。

どのサロンも、接客のマナーや会話の技術などは、当然、教育はしていますが、結局、人と人との相性なんて、実際に会ってみないと自分にあうかどうかなんてわかりません。

よくネット上の口コミで見かける「●●という大手サロンは、接客が最低だった」というのは、ただ単に、その人が住んでいる街の店舗に、たまたまそんな人がいただけなのかもしれず、その大手サロンのすべての店員さんが対応が悪いわけではありません。

また、「あの会社は予約が取りにくいから最悪だ」という口コミもよく見ますが、これも、その人の近くにある店舗が、その時期に予約が多くて、たまたまそうだっただけで、あなたが住んでいるところの店舗も同じように予約がとりにくいかといえば、そうではないことがほとんどです。

結局、ネット上の口コミはあくまでも参考程度にして、鵜呑みにせずに流し読みする程度がちょうどいい。

サロン選びは、他人の口コミを重視するのではなく、各社が提供しているサービス内容をしっかり事前に理解したうえで、自分の経済状況やどれだけエステに通う時間を作れるかという時間的余裕と照らしあわせながら選ぶのが最善の方法です。

幸い、今では、どこの脱毛サロンも、初回はかなりお安く体験できるおトクなコースを用意しているので、気になったらまずは「お試し」で、いくつかのサロンを体験してみて、そこから自分に相性のあう担当の方がいるところを見つけて、通い続けていくという流れが、一番賢い選び方とも言えるのではないでしょうか。

エステサロンというと「しつこい勧誘」や「高額なコースを売りつけられる」ということを心配する方もいます。

でも、今の時代、そんなことをしていては消費者センターにすぐにクレームを入れられてしまい、場合によっては行政指導をうけてしまうことになります。

ですので、個人経営のサロンならまだしも、大手のエステサロンでは、そのようなことは心配することはありません。

変な口コミに惑わされることなく、「お試しコース」を活用して、ご自身で実際に足を運んで、各社検討してみることをおすすめします。



女弁護士